介護事業に必要なサポート

介護士と老人

加盟料と研修費を用意する

起業する場合は業種によって準備の仕方や心構えが違ってきます。日本はますます高齢化社会に向かっていくので、これから起業するには福祉や介護関係が向いています。起業の仕方には2種類あって、大手のフランチャイズに加盟する方法と個人で独立するやり方です。福祉や介護業界で注目されているフランチャイズが「やさしい手」です。「やさしい手」では介護事業を始める時に色々な支援があります。介護施設を開業するエリアの市場調査をして実際にシミュレーションをします。その結果によって事業化をプランニングしてくれます。そのため初心者でも介護事業を立ち上げやすいのです。ただし「やさしい手」のフランチャイズに加盟するには事前の準備が必要です。募集地域は全国どこでも可能ですが、フランチャイズ契約の期間は3年と決められており、それ以後は自動更新になります。更新する時には加盟金の5パーセントを支払うことになります。重要なのはフランチャイズ契約する時の開業資金です。「やさしい手」では加盟金として200万円を準備する必要があります。その他に保証金として50万円、研修費が100万円必要になります。その他にも開業の諸経費や運転資金を含めると、トータルで2000万円から2500万円の開業資金を用意することになります。これだけの資金があれば、誰でも「やさしい手」のフランチャイズに加盟できます。そして開業のために必要なノウハウをサポートしてもらえるのです。