お店の管理を効率化する

タブレット

会計時にデータを記録

独立開業してお店をオープンする場合、必要となるのが会計用のレジです。ただし最近のレジは多機能化が進んでおり、金銭出納以外にもさまざまな用途に活用できるようになっています。このようなタイプの製品を、posレジといいます。posレジは、posシステムを運用できる機能を備えたレジです。posは商品やサービスの売上が発生した都度そのデータを記録することで、集計業務を効率化できるシステムです。また、データを加工してさまざまな経営分析に活用することもできます。posシステムにはいくつかの種類がありますが、コンビニやドラッグストアなどでおなじみなのはレジにバーコード読み取り装置を接続し、会計の際にデータを自動的に収録するタイプです。一方、美容院やクリーニング店などのサービス業では、タッチパネルにメニューを表示し、それを操作することによってデータを収録するタイプがよく使われています。さらに飲食店では、接客スタッフがハンディターミナルを操作したり、客自身がテーブル備付の端末を操作したりすることで発注管理・会計・データ収録を一括処理できるシステムも導入されています。システム構成についてもバリエーションがあります。専用機の場合はレジ1台と附属機器ですべての業務が行えるようになっていますが、汎用のパソコンやタブレットPCにインストールして使用する、データ管理に特化したソフトウエアタイプもあります。後者はキャッシュドロアなどを追加でそろえることによって、金銭出納業務にも利用可能です。